【ちゃんなるぶろぐ】社会人1年生が日々の学びをアウトプット!

>>> 読書・遊び・プログラミング・アプリ開発などを通して学んだことを、文章という形で出力 <<<

3分でわかる 仕事に追われない仕事術〜タイム・マネジメント〜

読み終えるまで約3分

 

どうも、ちゃんなるです。

今回紹介するのはこの本!

『仕事に追われない仕事術』

 

今回はこの本の一部、であるタイム・マネジメントについて紹介します! 

対象読者

本書では、次のような人を対象にしています。

  • 「時間がない」と嘆いている人
  • 日々「忙しい」と感じつつ、なぜ忙しいかわからない人
  • 仕事術関連の本を読んでみたものの、うまく仕事が捗らない
  • 『TODOリスト』『仕事の優先順位付け』『スケジュールの一覧化』といった主要な仕事術を試してみたが、効率よくなっていない

 

今回の内容をかんたんにまとめると…

『忙しいだけの仕事』を捨て、チャレンジングな『本当の仕事』だけに集中せよ!

 

 『忙しいだけの仕事』

自分がやるのが必ずしも効率がいいとは言えない仕事

慌ただしく動き回ること

 

『本当の仕事』

自分の目標・理想に近づくための仕事

他の人に任せるよりは自分がやったほうが効率が良い仕事

綿密に計画を立て、入念に思考をする必要があること

 

 

本書のタイム・マネジメント部分における要点3つにまとめました。

ここからお伝えします。

 

①『意志の力』に頼るのではなく『仕組み』に頼る

私たちの脳には『理性』と『衝動』の2つの部分があります。 

理性は、思考や行動する際に、意識的に働きます。

衝動は、危険を察知した時や新しい情報に出会った時に反射的に働きます。

 

理性が「ダイエットするぞ」と意志を持っても、

衝動が「ラーメンだ!」「チョコレートだ!」と言って飛びついてしまいますよね。

 

意志の力では理性を効果的に機能させることが難しいのです。

ではどうするか?

『仕組み』で解決しましょう。

 

 

②機能する仕組みの7つの原則

機能する仕組みには次の7つの原則があります。

  1. 明確で具体的なビジョンが存在する
    「自分はこうありたい!」という姿が明確に言葉にできること
    また、それに近づくための何かしら努力ができていること

  2. 一事に集中する
    複数のことに同時に取り組むのではなく、一つずつ着手し完了させていくこと
    (会議中にメールを返していたり、チャットツールを開きっぱなしで文書を作っていたりなど、これらは一事に集中とは言えない。もちろん二つの仕事を並行していることも。)

  3. 少しずつ頻繁に行う
    レポートや仕事のように明確な期限や完了があるものは、毎日少しずつでも進めるべき
    経験を重ねることで新たな学びを吸収し、新たな知識やアイデアにつなげていく

  4. 制限を設ける
    何かしら制限をつけたり、選択肢を絞ったりすることが重要
    タスクAを引き受けたらタスクBをやらない、今から2時間はメールや電話に出ずこの仕事だけに向かうなど

  5. あらかじめ立てた今日の予定に、新たなタスクを追加しない
    クローズド・リスト=ここまで!と線を引き、それ以上タスクを絶対に追加しないリスト(通常のTODOリストとは真逆)を使う
  6. 突発の仕事を減らす
    なぜ「予定より仕事が進まない?」
    それは「予定にはなかった仕事を手に取っている」から
    突発な仕事が降ってこないようにメールチェックを後回しにしたり、電話を出る時間を区切ったり、一人で作業する時間を確保したりすべし

  7. コミットメントと興味を区別する
    コミットメント:「責任を持って引き受け、お金や時間を投じてでも達成するべき」もの(自分の理想に近づく材料となるもの)
    興味:「好きだ」と思えるもの
    これら二つは明確に区別すべきであり、興味のあることにすぐに飛びついてはならない。
    「これはコミットメントできるものか?」と一度考え、もしそうならシングルタスクで取り組もう

 

「へえ、そうなんだ。」で終わらず、実際に自分の行動に取り入れてみてください!

もちろん全てが好ましいが、1つだけでも効果はあるでしょう。

今よりも仕事に追われなくなることでしょう。

 

 

③仕事を適切にマネジメントする

 

  • 仕事の依頼が来てもすぐに承諾しない

 

新たな仕事を受けるということは、既に抱えている仕事に割く時間の一部が減ることを意味する。

これを念頭に置いて仕事を引き受けるか決断するべき。

まずは「この仕事は今抱えている仕事よりも価値があるか?」と問おう。

 

 

  • 仕事受けてもすぐに着手しない

 

まずは、既存の仕事との兼ね合いも考慮し、見積もりと整理の時間をとるべき。

「いつ、どこで、どれだけ進めるか」を考えて予定として組み込もう。

もちろん、その仕事をやるときは他の仕事はせず、なるべく邪魔が入らないようにして取り組もう。

 

 

まとめ

  • 意志の力に頼らず、仕組みでカバーしよう!
  • 優れた仕組みを作ろう!
  • 仕事を受ける際は、既に持っている仕事との兼ね合いを考えるために、一度整理する時間必ず設けよう!

今回の内容を整理すると、『仕事をする上で作るべき仕組み』とは

  • 仕事に制限を設定する
  • 新たな仕事は一度整理してから取り組む
  • 一度に一つの仕事に着手する
  • 1日にできる仕事量を常に把握する
  • 毎日1日分の仕事を完了させる 

ぜひこのルールで仕事をしてみてください。 

 

 

*より深く知りたい方は、ぜひ本書を手にとってみてください!

書籍情報

仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則 完全版 [ マーク・フォースター ]

価格:1,650円
(2021/8/3 19:13時点)
感想(1件)

仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版【電子書籍】[ マーク・フォースター ]

価格:1,650円
(2021/8/3 19:14時点)
感想(0件)

【書籍名】仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版

【著者名】マーク・フォースター

【出版社】ディスカバー・トゥエンティワン

【出版日】2016年10月22日頃

【ページ数】279ページ

 

著者紹介

著者名:マーク・フォースター

経歴:英国のビジネス・コーチ