【ちゃんなるぶろぐ】社会人1年生が日々の学びをアウトプット!

>>> 読書・遊び・プログラミング・アプリ開発などを通して学んだことを、文章という形で出力 <<<

3分でわかる!『BRAIN DRIVEN』〜ストレス編〜

読み終えるまで約3分

どうも、ちゃんなるです。

今回紹介するのはこの本!

『BRAIN DRIVEN』

今回は本書の第二部、ストレスについて紹介します。

前回、本書の第一部であるモチベーションについて紹介しました chan-naru.hatenablog.com

この本の得られるもの

哲学や心理学の知識と、著者の専攻する神経科学』の知識を組み合わせることで発見した、『実生活に役立つ知識』が得られます!

神経科学とは、「神経系を、細胞や分子の構造から紐解く学問」のことで、とても新しい分野として近年注目されています。

この本の概要

神経科学』により発見した『実践的な知識』を用い、一般の人々、特にサラリーマンが持つ悩みに対してアプローチをします。

その悩みは次の3つです。

  1. モチベーション
  2. ストレス
  3. クリエイティビティ

本記事では、2つ目のストレスについて書かれてた内容を紹介します。

①ストレスの原理

神経科学では下記の3点でストレスを定義します。

  1. ストレス:ストレスメディエータの発露を認識した状態
  2. ストレスメディエータ:ストレッサーにより導かれる脳内、身体内での変化の総称
  3. ストレッサー:間接的刺激のこと(内部要因と外部要因)

噛み砕くと、ストレスとは、何かの刺激に触れた時に脳内or身体内で何かしらの変化(主に脳内物質が分泌)が起きて、それによって生じるものであるということです。

前回の記事で、我々の脳は常に期待・予測をしているとお伝えしました。そうすると、何かしらの外部または内部のフィードバックとの差分が生じます。

一般的には、この時の差分がネガティブの場合にストレスを感じます。

期待・予測の水準は人によって違います。それは過去の体験や記憶などに由来します。そのため、同じようなフィードバックを受けたとしても、それをストレスと感じるかどうかには個人差があります。

②ストレスの必要性

ストレスは悪者扱いされることが多いでしょう。しかし、メリットもあります。

それは、適度なストレスにより、集中力が向上することです。ストレスを感じると脳内でノルアドレナリンという物質が分泌し、この物質が集中力を高めてくれます。

著者は『いいストレス』『悪いストレス』があり、それを次のように説明しています。

  • 『いいストレス』:やりたいこと、やってることから受けるストレス
  • 『悪いストレス』:やりたくないこと、やる意味がわかってないことから受けるストレス

「ストレスは敵!」と思うのはやめ、ストレスにはメリットもあることを認識しましょう。

③ストレスへの向き合い方

  • ストレス解消手法を複数持つ

例えば、ある場所に行く、あるものを食べる、ある人に会う、話す、ハグをする、運動する、音楽をきく、、、、。手法が多ければ多いほど、ストレス解消がしやすくなります。

  • 成功の前にあるストレスを学習する

何かを達成した際は、幸せを感じるとともに、その過程で経験した辛い体験や感じたストレスを思い返しましょう。これをすることで、脳が「達成感や幸せの手前にはストレスがあるものだ」と学習します。これにより、次に似たような状況になった際のストレス耐性が高まるのです。

  • 高すぎる期待値・予測値をコントロールする

先ほど、「ストレスは期待・予測と実体験の差分(のネガティブ度合い)により生じる」とお伝えしました。そのため、期待値や予測値を低く設定することでストレスを生じにくくすることができます。過度に周りに期待をしすぎないようにしましょう。

まとめ

今回は、主に次の3つのことを強調してお伝えしました。

  1. ストレスは期待・予測と実体験の差分(のネガティブ度合い)により生じること
  2. 適度なストレスは必要であること
  3. ストレス解消方法やストレスを溜めないような考え方について

まず私たちはストレスを感じないということは不可能です。

しかし、ストレスを感じることはメリットもあるのです。

ただ、ストレスを溜めることはせずに解消しましょう。また、ストレスを学習することや自分の期待値・予測値をコントロールすることでストレスを感じにくくすることも可能です。「ストレスは悪者ではない」と認識した上で、ストレスを溜めないことも意識しましょう。

書籍情報

BRAIN DRIVEN ブレインドリブン パフォーマンスが高まる脳の状態とは

価格:2,420円
(2021/10/9 07:24時点)
感想(0件)

BRAIN DRIVEN パフォーマンスが高まる脳の状態とは【電子書籍】[ 青砥瑞人 ]

価格:2,420円
(2021/10/9 07:24時点)
感想(0件)

  • 【書籍名】BRAIN DRIVEN
  • 【著者名】青砥瑞人
  • 【出版社】ディスカバー・トゥエンティワン
  • 【出版日】2020年9月25日