【ちゃんなるぶろぐ】社会人1年生が日々の学びをアウトプット!

>>> 読書・遊び・プログラミング・アプリ開発などを通して学んだことを、文章という形で出力 <<<

読んだら忘れない3つの読書術とは?

どうも、ちゃんなるです。

今回は、「読んだら忘れない3つの読書術」というテーマで投稿します。

 

せっかく読んだ本の内容、忘れちゃってませんか?

私、忘れてしまうことが多いです…

しっかり記憶に残す読書術を知りましょう💪

 

 

①読む前に、目標を設定する

何も考えずに本文を読み進めていませんか?

最初から最後までしっかり読んでいませんか?

 

本はすべての文字を読む必要はありません。

 

読書は、「全部読む」ではなく「書いてある知識を得る」が目的なはずです。 

そのため、気づきが少ないところ、既に知っているところは読み飛ばして構いません。

 

本を手に取ったら、まず目次を見て何が書かれているかを予測しましょう。

そして章や節の最初と最後を軽く読みます。

もし、立てていた予測通りの内容であれば、飛ばしましょう。

 

②読みつつ、意外なところは要約する

先ほど、「予想に反した内容を読み進めましょう」と言いました。

読んでいる際に、「そうなんだ!」「意外だ」と思ったところはメモしましょう。

 

メモする際にポイントなのが、文をそのまま写さず、自分の言葉で要約することです。

要約することで、格段に記憶に入りやすくなります。 

 

ただ読むよりは時間がかかってしまいますが、その分知識としてしっかり吸収できます。

 

③読み終えたら、メモを見て内容を思い出す

読み終えたら、自分のメモを見ます。

そこで、メモの情報だけを頼りに本に書かれていた内容を思い出しましょう。

フレーズを思い出すのは難しいと思いますが、書かれていた具体例や主張・根拠などを頑張って捻り出すのです。

 

「思い出せないよ…」

f:id:Chan-Naru:20210109093716p:plain

必死に捻り出そうとする脳の状態が大切なのです。

そして数分悩んで出なかったら、本を開きましょう。

「そうだった!」「これだ」と嬉しくなるでしょう。

 

人間は、感情の起伏が大きいほど記憶します。 

そのため、悩んで「悔しい」という感情と、わかって「嬉しい」という感情が記憶の定着に役立つのです!

 

まとめ

やることは以下のようにまとめられます!

①読む前

・内容を予想する

・パラパラと見て、予想通りのところは飛ばす

 

②読んでる途中

・メモをとる

・意外と感じたところを、自分の言葉で要約する

 

③読んだ後

・メモだけ見ながら思い出す

 

これから本を読む際は、ぜひ本記事の内容を取り入れてみてください! 

この記事の情報源は、YouTubeのメンタリストDaiGoさんの動画です。

12分くらいの動画で、誰でも無料で見れるので見てみてください🙋‍♀️

youtu.be

 

追記

私自身、本を読む際にメモを取るようにしています。

メモを取らない時に比べ、若干記憶に残っている気がします。

参考までに🙋‍♀️笑